ゆずの本箱

保護猫ゆずの毎日。自己主張のある猫と自分勝手な飼い主。ぶつからないわけがない…。

カテゴリ: 週末田舎暮らし

黄昏、という漢字は、あまり使いたくありません。どうしても、人生の黄昏的イメージで使われるような気がして。たそがれ時は、終わりに近づいている時間ではなく、また明日が来ることを約束している時間です。ちょうど、浅間に近い稜線より下に、太陽が沈んだ時間でした。私 ...

ちょこっと、頬が緩んじゃった瞬間。そんな小さな幸せの積み重ねが、毎日を生きるよすがになるんです・・・大袈裟かな。もう。フデリンドウが準備万端整えて、春を待っていました。空にクラゲがいて、悠々と漂っていました。更衣室の窓からふと外を見たら、三毛猫さんが日向 ...

帰る間際、山荘の庭でこんなものを見つけました。最初は、ネコのおもちゃが飛んで、落ちているのかと思いました。淡い黄緑色。けっこう枯れ葉の中では、目立ちます。そして、独特な素材感。近付いて見た時、イヤな予感めいたものを感じたのも事実。中に真っ黒いものが・・・ ...

以前に書いた記事中に、一部間違いがあったので、その訂正も兼ねて、もう一度取り上げたいと思います。以前の記事とは、こちら→群馬県産出のリンゴ「ぐんま名月」。晩生種ということで、まだまだ美味しいものが出まわっています。ぐんま、と付いていますが、幻のリンゴとし ...

薪ストーブ用の焚き付けに使う細い枝は、我が家の場合、庭から拾ってくれば、だいたい事足ります。ですが、このところ、購入してきた薪に異常に太くてゴツイのが混じるため、火力が安定してからでないと、投入できないものが混じるようになりまして。どのくらい使えるものか ...

↑このページのトップヘ