ゆずの本箱

保護猫ゆずの毎日。自己主張のある猫と自分勝手な飼い主。ぶつからないわけがない…。

カテゴリ: 本のこと

「俳句にはやっていけないことは何もない」のだそうです。最近、よくテレビでお目にかかる夏井いつきさんの言葉です。「俳句は型を覚えながら、パズルのように言葉を組み立てていきます。その型を自由自在に使えるように反復練習するのが俳句を詠む上での大切なポイントとな ...

この絵本のみずうみは、森の奥、本当に人気のない、しずかな、しずかな、みずうみです。しずかなみずうみ [ 山崎優子 ]みずうみの正面に、端正な山が見えます。例によって、絵本の表紙というのは、表表紙と裏表紙、一体に見てはじめて、一枚の完成した絵になっているので。ち ...

これに出会っちゃったら、これ、読むしかないでしょう。ヾ(〃`∀´〃)ノルリボシカミキリの青 福岡ハカセができるまで (文春文庫) [ 福岡 伸一 ]初読ですが、まさか本を開いた途端、こういう展開になっているとは思いませんでした。プロローグの次の第一章 第一話「放蕩息 ...

ある日、ゆずが汚れていた。よごれっちまった悲しみに。今日も小焼けに寄りかかる。右耳のあたりから。よごれっちまった悲しみに。今日も風さへとまってる。首筋にかけて。よごれっちまった悲しみは。小焼けの視線に縮こまる。(苦労して)囲んでみました。よごれっちまった悲 ...

今度は、「モノの整理をするな」ですか。ゴミが増えて困っているそうです。たしかに、家族に三食(我が家の場合、多少アヤシイが)作っていると、普通ごみが増えてるなぁ、という認識はありました。でも、大物の片づけは、これからボチボチやろうかな…と思っていたところで、 ...

↑このページのトップヘ