足利市の市長さんからは、既に
一応の「鎮圧」宣言が出ていますが。

山火事1

山火事は、栃木県足利市で
2月21日に発生、
23日の昼以降、一気に山腹を駆け下り、
民家にも迫る勢いだったそうです。

山火事2

もちろん、地上からも。

山火事3

上空からも、
必死の消火活動が行われました。

不安になったのは、
山火事の火だけではありません。

山火事8

立ち込める煙や臭い。
これだけでも、夜寝られなくなったそうです。
さらに。
呼吸器を痛める人もいらしたようです。

山火事4

これも、初めて知りました。

自衛隊のヘリが、
近隣のダム湖から
絶妙な操縦でバケットに汲み上げている様子は
テレビで見ましたが。

地上の水道が枯渇していく(水圧?)ということは、
考えたこともなかった。

断水もあったのですね。

山火事5

知らなかったけど、
小中学校も休校していたんですね。
通学路の危険を考えたら、当然でした。


怖いと思ったのが「地表火」。
そして、地下深く潜っている埋火(うずみび)。

いったん消火作業を行った場所をサーモカメラで撮って見ると
まだ、高温度。
微風程度でいつ発火してもおかしくない温度なのに、
水をかけても、白煙を上げるだけで、簡単には消火しない地表火。

また、地表から45センチほど下で燃えている埋火。
枯れ葉が、分厚く積もっている場所では
水が届かず、ずっと地下で燃え広がり、
また思わぬ場所で出火する、、、
都市部の火災とは全く違うのですね。

私が怖がっているのは、
こんな山火事が、
我がグンマーの山荘の近くで
いつ起こっても
おかしくない事象だから。

山火事7

枯れ葉だらけ。

うちの庭の枯れ葉掃除も
もっと身を入れてしなきゃね。

山火事6

と、思いつつも。。。。

うちだけきれいになっても仕方ないか、とつい。
近隣にはたくさんの空き家が。↑

山火事9

そして、水脈が縦横無尽に
流れている土地。
これが、何とかしてくれるかしら?

早春に行っても、この枯れ葉は残っているわけで・・・

今から、お庭掃除をどうしよう(uдu*)
と、悩んでいる私です。


本日は関東地方で久しぶりの雨だったのですが。
本日のニュースで、
足利の山火事の続報がまったく流れないので、
「鎮火」できるほど降ったのか、が
とても気になります。







click Please ↓ 

net

 小焼けに用事がある方は、コチラ→