以前にもちょっと触れましたが、
私は和風の家に住んだ経験が少ない。

なので。
炬燵経験も、ほぼ無。
祖父母の家にあったなー、程度。

だから、「どう使うの?」「いくらするの?」

あげく。
「テーブルと布団はあるものを使いますから、炬燵ヒーターだけください」
店員さん、当惑して絶句してましたよん。

手掛かりになる基礎知識が、絶対的に不足していたわけ。

山荘には、六畳和室に掘りごたつがあるということは、
不動産屋さんの説明時にもありました。

最初、これをずるずるリビングに引っ張ってきて使おうと、
チャブタ君に頼んだら、それは無理だと!
掘りごたつは、引きずってこれないそうで。(^^ゞ

炬燵5
(これが↑その麻雀卓を兼ねる掘りごたつ)


しかし。

標高1000m超えの地は、
だいたい11月から4月までが「冬」。
指折り数えたら(数えなくてもわかる)半年じゃん!
冬季の滞在日数は多くないけれど、
当家の構造は典型的なサマーハウス仕様なので、
なんらかの対策は必要、と思いました。

ってんで、最初はホットカーペットなど試しましたが、
まったく効果なし!

壊れているのではと、
下界に持ってきてみると、ちゃんと発熱するようで、
要は、あちらの寒さが手強すぎる…という結論。

炬燵1

もう仕方ないじゃないですか。

炬燵2

決めたら、早いんです。

炬燵3

お値段以上、のお店へ飛んでって、

炬燵4

持ち帰り可能な商品で、一番安いのを一揃い。

炬燵6

これでいいんだろうか?

いろいろお店の方のおススメパーツを
削ぎ落して買っているから、自信ないけれど。

炬燵7

少なくとも、これからの季節、
食卓テーブルで震えながらブログ更新しなくてよくなり、
安心、満足。



ところで、「こたつ」って変な日本語だと思いません?
(始まったよ、小焼けの屁理屈)
音からは、まったくその機能が想起できない。

調べても、語源は「くゎたふし」火榻子。
これを、こたつに転化していくのって
無理があり過ぎません?

お隣の韓国にも中国にも、似たようなものがなくて、
トルコ、イラン、アフガニスタン、スペインなど。
散発的に似たような暖房機が、世界で使われているようです。

なんだか神秘的なものですね、炬燵。



ところで。
なぜ、急に炬燵?

だって。
こやつが喜びそうじゃないですか!

炬燵

ちゃんと潜り込むかな?





click Please ↓ 

net

 小焼けに用事がある方は、コチラ→