あくまで、私が知らなかっただけで、
世間的には既知のことばかりだと思います。

公園口1

上野駅の公園口が様変わりしていて、一瞬どこの駅に来たか…と思いました。

公園口3

東京文化会館との間の道路から、車が消えていました。

信号無しで、動物園方向に歩きだせます。

公園口4

路線バスは、ここまで来て、赤い→方向にUターンして
改札口前まで侵入してきません。

調べてみると四月から、こうなっていたらしいのですが。
公園口改札口自体も、100mほど鶯谷駅方向にズレていて、
駅から出るのに「どこまで歩けば?」と不安になった・・・。(´;ω;`)



もう一つ。

シール式切手っていうものが、あったんですねー。

シール切手新3
どこから切ったらいいの?って思ったあなたは、旧人類。(;^ω^)

シールなんだから、そっと裏紙から剥がせばよいのです。

シール切手新2


そもそも、この新型コロナの流行で、
切手を貼るために舐めている人がいたら…とゾッとしたのがきっかけで、
調べてみたら、ずっと前から(およそ10年前?)あった、という。(;^_^A

剥がしてそのまま貼れるというのは、便利だし、
デザイン的にも、おしゃれで良いですね。
ただし、切手の金額的には2種類程度みたい。
手数料としてもう少しお金を出せば、
自分オリジナルデザインの切手も作って、貼って出せるそうです。

ぜんぜん、知らなかった・・・。
手紙、出していないなぁ。



さらに。

コンビーフ1

こちら、デザインが変わるというニュースは知っていましたが、
山荘に備蓄してあったのを忘れていて。

コンビーフキャベツを作ろうと引っ張り出してみたら、
懐かしの「巻き取り鍵付きの枕缶」でした、とさ。


備蓄モノも、定期的に消費していかないと、いけないですね。

たぶん息子世代が食品庫からこれを見つけ出しても、
開け方が分からない、なんてことになりかねない。(;'∀')



以上、時代に遅れまいと必死な、おばちゃんの独り言でした。。。










click Please ↓ 

net

 小焼けに用事がある方は、コチラ→