当地に雪が降ったのは、26日夜~27日らしく。

降ってきた雪が、ここらでは珍しいベタ雪でして。

それが降りやんでからは、今度は夜間の冷え込みでカッチカチに。

なんだか、今まで見たことのある雪景色とは、違う感じの銀世界なのです。

雪だもので1

この雪、木の枝が重そうなので、振り落とそうと木を揺らしても、落ちてきません。


何よりも当惑したのが・・・。

雪だもので2

意外に深く積もっているので、我が家の庭なのに、
私が歩き回れない!

別荘地内の道路は滑りやすい状態ですが、除雪機が入ったらしく、
なんとか歩けますが。

雪だもので3

除雪していない庭の雪は、およそ10センチほどあって。

私の小さめのスノーシューズでは、足首から雪が入ってしまうので、
歩き回れないのです。
(長靴では足が冷たくて、歩いていられません。)

唯一、チャブタ君のワークマンで買ったばかりの完全防水長靴で歩いた足跡を
なぞるように、歩けるだけです。

雪だもので5

自由に歩き回れない、というのはツライ。

雪だものでなつはぜ
ナツハゼ

歩幅が合わないので、植物の写真一枚撮りたくても
アングルが選べないのです。

氷漬けの木もありました。

雪だもので4

これノリウツギですが、なぜか一部分の枝が丸ごと、氷漬けになっていました。

自分が吸い上げた水で凍っちゃったのでしょうか?
(;゚Д゚)


屋根から滑り落ちてくる雪で玄関前の階段が埋まってしまうので、
一生懸命除雪して、融雪剤まで撒いておいたのに。

今日の日中は良いお天気過ぎて、今度は屋根から雪解け水がポタポタ。

アタマの上に落ちてくる冷たい水にヒャーヒャー言いながら、
玄関を出入りしなくちゃならない。

雪国生活の経験がまったくない、というのは困ったもんです。




click Please ↓ 

net

 小焼けに用事がある方は、コチラ→