ゆずの本箱

保護猫ゆずの毎日。自己主張のある猫と自分勝手な飼い主。ぶつからないわけがない…。

今日は、顔ナシでいこうかと。は・らどてっぱら足で私の手をブロックしている時のはらげ(腹毛)ひらいている時の、は・ら注目してほしいのは、もふもふむなげ(腰回りの肉付きもたいしたもんだわ…)最後はどんけつ。と後ろ足の間から見る、はらげ。おなか側の毛は、特に柔らか ...

こう見えて、本当は仲が良いのですよ?私たち。こうして、なでなで、してあげると。なでなで、してあげるとね。とても小さい音しか出さないのだけど、ゴロゴロ喉を鳴らして。・・・じゃなくってっ!アクビです。リラックスしている証拠です。だから、違うって!このシヤワセ ...

いつまでもいつまでも、こっんな子どもじみたイタズラばっかり!いいかげん、大人になりなさいよ💢ティッシュほいほい。わが家に小児はいません。いりません。わずかに隙間が開いているタンスの引き出し漁り。しっかり見てますよ!撮り損ねですが、さっきまでそこの私のバッ ...

こやつ、たぶん、私の事なんか、半自動給餌器ぐらいにしか思ってないんだろうな。次の瞬間、後ろから飛び掛かられマスた・・・😢逃走する後ろ姿。しか、撮れなかった。やれやれ・・・※叫んでいるのではありません。アクビなんです。click Please ↓  小焼けに用事がある ...

「俳句にはやっていけないことは何もない」のだそうです。最近、よくテレビでお目にかかる夏井いつきさんの言葉です。「俳句は型を覚えながら、パズルのように言葉を組み立てていきます。その型を自由自在に使えるように反復練習するのが俳句を詠む上での大切なポイントとな ...

↑このページのトップヘ